みなさんこんにちは!
Thinik EXperience編集局の大村です。

【Quest ! 】は、都内を中心に話題のイベントや新しくオープンした商業施設をTHINK EXPERIENCE編集スタッフが実際に体験し、レポートしていくコンテンツです。

第16回目の今回は、下北沢で開催された「Fête CITROËN à Shimokitazawa ~下北沢シトロエン祭~」の様子をレポートします!

目次
1:「Fête CITROËN à Shimokitazawa ~下北沢シトロエン祭~」とは?
2:フランスの縁日を体験!
3: CITROËNの遊び心と暮らす生活
4:Comfortな体験を通じて、シトロエンの魅力に触れる

「Fête CITROËN à Shimokitazawa ~下北沢シトロエン祭~」とは?

「Fête CITROËN à Shimokitazawa ~下北沢シトロエン祭~」はフランスの自動車ブランド シトロエン(Groupe PSA Japan株式会社)が下北沢の「下北線路街 空き地」にて開催したイベントです。

イベントでは、日本初公開となるNEW C3 AIRCROSS SUV(NEW C3エアクロスSUV)や大人気モデルのベルランゴを展示したほか、シトロエンの遊び心に触れられるミニゲームを体験できます。

コンセプトは「フランスの縁日」

日本ゆかりの「縁日」という文化をフランスの車メーカーであるシトロエン流にアレンジし、遊び心あふれるコンテンツを展開。日本の縁日で必ず目にする“あの”ゲームをシトロエン流にアレンジしたり、屋外といった立地を活かし野外演奏を行ったりと、子どもも大人も楽しめるシトロエン空間が広がっていました。

フランスの縁日体験!

イベントが開催された「下北線路街 空地」は小田急線の地下化に伴い、線路跡地を再開発して生まれた新しい街として、下北沢の住民や若者たちが集う場所です。

「空き地」という言葉がぴったりの、芝生やステージもある広い空間でした!

NEW C3 エアクロスSUV&ベルランゴの展示

今回のイベントでは、イベント初日に発表・発売開始になったNEW C3 エアクロスSUVとベストセラーMPVのベルランゴの2種を展示。

NEW C3 エアクロスSUVは抜群の座り心地・高い走破性・個性的なフロントフェイス・広いスペースが特徴的な車です。

今回のイベントではNEW C3 エアクロスSUVが2種類展示されており、1つはブランドサイトのキービジュアルと同じデザインのステージ、もう1つはキャンプなどのアウトドアを想起させるスタイリングで展示されていました。

「NEW C3 エアクロスSUVに乗ってキャンプに行ったら…」という情景を想像しやすい展示になっていました!

CITROËN流「フランスの縁日」

3つのミニゲームに挑戦。

3つ全てをクリアすると、シトロエンオリジナルのNEW C3 エアクロス SUV版カラビナキーホルダーをもらえます。

マウンテンロード

中心に設置されたシトロエンカー(2CV)を、穴に落とさないように左右のひもを操作してゴールを目指すゲーム。

今回は友人と2人で挑戦しました!

車を倒さないように、絶妙な力加減で紐を操作しなくてはならず、思ったより苦戦。お互いに息を合わせ、細かい調整をしながらようやくゴールできました。

シャンゼリゼストリート

フランス パリにある「世界で最も美しい通り」である「シャンゼリゼストリート」を模したジオラマの中を、ボールを落とさないようにスティックを操作し、バランスを取りながらゴールの凱旋門を目指すゲーム。

スティックを傾けすぎるとボールも暴走してしまうので、調節がなかなか難しかったです。

<凱旋門がゴール!>

シトロエンアヒル釣り

90秒間でアヒルを何匹釣れるかで競うゲーム。

これがかなり難しい…!

私は90秒間で2匹しかつれませんでしたが、中には6匹以上釣れる猛者もいるのだとか。

アヒルにはシトロエンを想起させるカラーのリボンが結ばれており、たくさん流れている姿が非常にかわいく、癒されました。

なんとかスタンプをすべて集めることができたので、シトロエンオリジナルのカラビナキーホルダーをゲットできました!

<他にも、四目並べやボール落としなど、いろいろなミニゲームがありました。>

世界に一つしかないLE PETIT CITROËN

今回のイベントには、世界に1つだけしか存在しないベルランゴ バンの特装車「LE PETIT CITROËN(ル・プティ・シトロエン)」が展示されていました。

シトロエンのオリジナルグッズ展示のために作られたデモカーで、ハッチバックドアから引き出された棚にはたくさんのシトロエングッズが展示してあり、ライトアップまでされていました。

屋台をイメージさせるTYPE-Hのキッチンカー

イベントには、縁日で言う「屋台」を想起させるキッチンカ―が3台出展していました。

その中の1つ、オレンジ色のボディがかわいいこちらの車は、約50年前に生産されていたシトロエンの「タイプH」モデルのHY型をキッチンカーにアレンジしたもの。

今回はホットドックとコーヒーを注文したのですが、晴天の下、開放的な空間でご飯を食べたのは久しぶりですごく気持ちよかったです!

ステージイベント

今回は参加できなかったのですが、ステージではシトロエンが登場する名画「ルパン三世 カリオストロの城」、「サウンド・オブ・ミュージック」の上映会も行われました。

さらに、週末はフランスにゆかりのあるアーティストによる生ライブも開催され、「フランスの縁日」をさらに盛り上げました!

<ステージの様子>

CITROËNの遊び心と暮らす生活

# シトロエンのコンフォート(=気軽さ)を体験

「Fête CITROËN à Shimokitazawa ~下北沢シトロエン祭~」は、単に新作の車の特徴や魅力を伝えるだけではなく、CITROËNというブランドの成り立ちや特徴、歴史、雰囲気を感じられるイベントでした。

シトロエンは「Comfort=心地よさ・気楽さ」をブランドとして非常に大切にしています。

今回のイベントはふらっと訪れ、シトロエンを知らない人でも気軽に楽しめるようになっており、誰もがフランスの雰囲気と、シトロエンの「気楽さ=Comfort」を肌で感じられるイベントでした!

# 個性的な街「下北沢」での開催

今回発表になったNEW C3 エアクロスSUVは、個性的なデザインが特徴の車です。今回の開催地である「下北沢」は、個性的な若者が集まるサブカルチャーの街であり、NEW C3 エアクロスSUVとの親和性がとても高く、「個性的なシトロエン・C3エアクロスSUV」というイメージが醸成されていたように感じます。加えて、下北沢という場所は非常に路地が多く、“都市型(街乗り)SUV”であるNEW C3 エアクロスSUVに乗って、下北沢という街に遊びに行く情景が頭の中に広がりました。

また、「若者の街」と呼ばれる下北沢で、誰もが参加しやすいオープンなイベントを開催することで、シトロエンブランドから、車好きの若者を増やそうというムーブメントを起こしているのではないかと感じました。

# 場所の魅力を最大限生かすコンテンツ・空間デザイン

今回のイベントは、下北線路街 空地の開放的な空間を最大限活かす体験設計・空間デザインが施されていました。

縁日のコンテンツと屋外映画、ステージの生演奏パフォーマンスが、秋晴れの空の下、開放的な空間に非常にマッチしており、「シトロエンのある心地よい生活」を体感できました。

Comfortな体験を通じて、シトロエンの魅力に触れる

今回は「Fête CITROËN à Shimokitazawa ~下北沢シトロエン祭~」での体験の様子をお届けしました。

開放的な空間で、気軽に、心地よい時間が過ごせる。
まさに【Comfort】な体験を通じて、シトロエンの魅力に触れられる素敵なイベントでした。

コロナ禍でブランドが顧客との接点を持てない中、常にコミュニケーションの方法を模索し、アップデートし続けたシトロエン。少しずつコロナ前の日常を取り戻しつつあるいま、「シトロエンのある生活」を身近に感じられるイベントが今後も増えてくるのだと思います。

遊び心あふれるシトロエンがどんなプロモーションを展開していくのか、これからも楽しみです!

イベント概要
開催期間:2021年11月25日(木)~28日(日)11:00~20:00
     ※会期終了
会場  :下北線路街 空き地
     〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目33番12号(付近)