みなさんこんにちは!
Think EXperience編集局です!

【Quest ! 】は、都内を中心に新しい店舗体験やイベントについて私たちが実際に体験し、月1回更新でレポートしていくコンテンツです。

目次

『SK-II X-Reality』について
SK-II STUDIOの取り組み
・「VSシリーズ」のご紹介
・実際にイベントを体験!!
・終わりに

今回の体験スポット『SK-II X-Reality』とは?

第9回は、現在原宿のCase Wで開催中の『SK-Ⅱ X-Reality ポップアップストア』での体験の様子をお届けします!

『SK-Ⅱ X-Reality ポップアップストア』では、SK-Ⅱの運営するフィルムスタジオ「SK-ⅡSUTUDIO」が公開した新作「VSシリーズ」を“MR(Mixed Reality)体験”することができます!

アクセス

原宿 Case W(原宿駅徒歩約5分) 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目16−23

※プレスリリースより

SK-Ⅱ STUDIO

SK-Ⅱはブランド初のフィルムスタジオSK-ⅡSTUDIOを2021年から始動し、映像と物語の力で現代の女性が直面している様々なプレッシャーに立ち向かうコンテンツを制作・発信しています。

SK-Ⅱ STUDIOから公開されたコンテンツは1再生につき1ドルが運命を変えようと踏み出す女性への様々な支援活動に寄付されます。

SK-Ⅱ STUDIOについて
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000064854.html

「VSシリーズ」

2021年5月に公開されたSK-ⅡSTUDIOの新作「VSシリーズ」では、世界のトップアスリートが様々なプレッシャーや悩みと戦い、自らの手で道を切り開いていく様子が描かれています。

「VSシリーズ」は、卓球の石川佳純選手 / 体操のシモーン・バイルス選手 / 競泳のリウ・シアン選手など、6組のトップアスリートの実体験をもとに作成したアニメーション作品。

現代を生きる女性が悩み / 苦しみに立ち向かい、自らの手で運命を開拓する姿をリアルに描いています。

※プレスリリースより

「VSシリーズ」の世界を実際に体験

①はじめに

原宿駅から徒歩5分、真っ白な建物に足を踏み入れると、シモーン・バイルス選手が!

内装が「VSシリーズ」の世界観で統一されており、高揚感が増しました。

アルコール消毒・検温を済ませて
まず最初にLINEorメールアドレスで会員登録!

私はLINEで登録しました。
終了後、体験している様子をメッセージにて送付していただけるそうです!

②体験内容を動画で確認

今回のイベントで体験する内容を動画で説明していただきました。

ここで、SK-Ⅱ STUDIOで公開中の「VSシリーズ」内の世界観が舞台になっていることを知りました。

私は今回事前に6作品を視聴済みだったので、「あの高クオリティな世界観を体験できるとは!」と期待に胸を膨らませました。

③非接触肌診断 マジックスキャン

入り口で渡されたカードをスキャンすると、非接触の肌診断が開始!

鏡の中の印に視点を合わせ、数秒後には診断が完了。何も触れることもなく、とてもスピーディーに終了したことに驚きました。

診断結果は体験終了後に教えていただけるようです。

肌診断終了後に、MR体験用のメガネを装着しました。

④Mixed Reality(複合現実)体験!

そもそもMRって何?という疑問を持ちながら実際に体験スペースへ。

MR(Mixed Reality)は、VR(Virtual Reality:仮想現実) / AR(Augmented Reality:拡張現実)と何が違うのでしょう?

MRは“複合現実”と訳され、文字のごとく現実世界と仮想世界の融合世界を意味しています。

今回の場合は、アニメーションの世界を再現された空間に怪獣やアスリートが浮かび上がり、自分の動きに反応して映像も変化するという構図になっていました。

MR技術は位置情報システムを駆使し、“体験者の動きとリンクさせる”ということがキーポイントになるようです。

今回の会場では、「VSアンチ」(シモーン・バイルス選手) / 「VSルックス」(リウ・シアン選手) / 「VSプレッシャー」(石川佳純選手)の3作品をMR体験できました!

怪獣となって襲い掛かってくる「アンチコメント」や「いいね」、「プレッシャー」と戦うことで各選手を救い出すというストーリー。

本当に怪獣たちが襲い掛かってくるような臨場感を味わい、途中は少し怖かったくらい。(笑)

仮想世界と現実世界が相互に作用し、作品の中に入り込み、作品の一部として楽しめるという点に”MR”の面白さがありますね。

最新MR技術の高さに脱帽すると同時に、「ルックス」や「ルール」など、日常的に女性が苦しみ、悩み、とらわれてしまいがちな内容が題材にされていたので、”自分らしく”生きることについて深く考えることもできました。

<体験の様子>

⑤最後に

最初に行った肌年齢診断の結果と、自分の肌質に最適なSK-Ⅱ商品をご紹介いただき、最後に選手と記念動画を撮影しました。

完成した動画はなかなかシュールですが、隣に選手がいる環境で動画を撮るという経験はいまだかつてなかったためとても面白かったです。

<ショップの様子>

<お土産にいただいたピンバッチ オリンピックとのコラボでとてもかわいかったです。>

終わりに

今回のコンテンツは様々な角度からのプレッシャーという、普通の女の子が日常的に感じている自分事化しやすいテーマでした。

SK-Ⅱは2016年から「# CHANGEDESTINY~運命を、変えよう。」というブランドテーマを掲げています。

# CHANGEDESTINY
自らの意思で運命は変えることができると信じ、
多くの女性たちが勇気をもって一歩踏み出し、その運命を変えていくことができる

今回取り上げられた課題は、日常的に対峙しすぎて当たり前のように思いこんでしまい、心のどこかで「苦しい」「いやだな」と感じていても、なかなか声を上げずらいテーマでもあったように感じます。

私は今回の体験を通じて、今まであきらめていたルッキズムやSNS普及に伴う“周囲からの圧力から芽生える自分への疑い”について、改めて「課題」なのだと再認識し、その実態を深く考えることができました。

SK-Ⅱというブランドは、イベントという手段を用いて、東京に住む女の子に問題提起しているのかもしれませんね。

「SK-II X-Reality」を体験し、SK-Ⅱというブランドを深く考える過程で、「運命は自らの手によって変えられる」という信念のファンになりました。

今回はイベントというアウトプットを体験しましたが、SK-Ⅱの包括的なプロモーション / ブランディングの文脈における、今後のメッセージを楽しみにしています。

私のような「東京に住む普通の女の子」が、今回のテーマであるルッキズムやプレッシャーという課題に興味を持ち、発信しようと試みるようなムーブメントが今後広がってほしいと感じています。