みなさんこんにちは!

THINK EXPERIENCE編集長の原口です。

【Quest ! 】は、都内を中心に話題のイベントや新しくオープンした商業施設をTHINK EXPERIENCE編集スタッフが実際に体験し、レポートしていくコンテンツです。

今回は2022年4月にオープンしたばかりのRED° E-SAUNA UENOを弊社屈指のサウナー社員と共に体験してきました。「“ととのう”を科学する。」をキャッチコピーに掲げたプライベートサウナとはどんな体験なんでしょうか?

楯さん
サウナー歴30年。6歳からサウナに入り始め、本格的にサウナに目覚めたのは20歳の頃。
今では「サウナ・スパ健康アドバイザー」や「サウナ・スパプロフェッショナル」の資格を持つ。

真崎さん
リアルシーンにおける体験設計を得意とするプランナー
企画が煮詰まると、サウナでリセットする生活を繰り返す、博展の“企画整わせ屋”。
個人ワークとしてもプラウナーを目指している。

目次
1:RED° E-SAUNA UENOとは?
2:スムーズなネット予約とRED° らしくこだわった空間設計
3:完全プライベートな個室で至福のサウナ体験
4:RED° E-SAUNA UENOイチオシのリラックス空間「Warp Square」
5:あなたの“ととのう”体験は何点!?「TOTONOU GAME」結果発表!
6:【編集後記】プライベートサウナならではのホスピタリティとRED° らしいガジェット

RED° E-SAUNA UENOとは

早速体験!…といきたいところですが、改めてRED° E-SAUNA UENOについておさらいしておきましょう!

RED° E-SAUNA UENOは東京タワー内の日本最大規模のesportsパーク『RED° TOKYO TOWER』に続いて『RED° 』ブランドが手がける、新たな個室サウナ施設なんです。

最先端のテクノロジーを駆使して、デジタル×エンタメによるゲーム要素を盛り込んだ新しいサウナを体験できるそう!

最先端のテクノロジーを駆使したサウナ体験とはどんなものなんでしょうか!?想像つかなくてワクワクしますね。

ちなみに、『RED° 』ブランドの第一弾となる日本最大規模のesportsパーク『RED゜TOKYO TOWER』も想像を遥かに超える異次元の体験だったので期待が膨らみます!

スムーズなネット予約とRED° らしくこだわった空間設計

お待たせいたしました!

それでは本編のサウナ体験をレポートさせていただきます!

RED° E-SAUNA UENOは入り口のエレベーターを使ってまずは3Fの受付へ。

©RED° E-SAUNA UENO
©RED° E-SAUNA UENO

RED° らしく赤を基調とした受付には、なんと本場フィンランドからわざわざ取り寄せたサウナストーンが使われています。

わざわざフィンランドから取り寄せるなんて…本物にこだわっている証ですね。

RED° E-SAUNA UENOはプライベートサウナなので1室につき2名まで利用可能になっており、60分と80分のコースから選べます。時間指定の予約制となっているので、行く場合は事前にネット予約を済ませておくのがおすすめ!

ちなみにプライベートサウナは男性用が6部屋、女性用が2部屋の合計8部屋あります。

©RED° E-SAUNA UENO

受付でチェックイン!

ルームキーと何やらハイテクそうなリストバンドを受け取ります。

実はこのリストバンドこそが「“ととのう”を科学する。」を掲げるRED° E-SAUNA UENOの目玉コンテンツ「TOTONOU GAME」なんです!

このリストバンドはRED° オリジナルの「TOTONOU BAND」であり、装着すると心拍数を測ってくれます。この「TOTONOU BAND」によって計測された心拍数をRED° 独自のアルゴリズムを通して100点満点で採点し、最後に結果を確認することができるんです。

果たしてどんな点数が出るのか…衝撃の結果はブログ後半で!

プライベートのサウナルームはビジネスホテルのような作りになっていて、一部屋ごとにサウナと水風呂が用意されています。

©RED° E-SAUNA UENO

また、各部屋にはRED° オリジナルタオルや、RED° カラーのdysonのドライヤー、各種アメニティも用意されていて、まさに”ととのう”ために必要なものは全て用意されている空間でした!

©RED° E-SAUNA UENO

いざ、完全プライベートな個室で至福のサウナ体験

©RED° E-SAUNA UENO

サウナルームは2人がゆったり腰掛けられるほどのスペースになっており、ロウリュ用のバケットとアロマオイルが用意されています。今回は白樺オイルだったのでウッディな香りが部屋全体を包み、とてもリラックスできる空間になりました。

サウナの温度は100°前後になっていますが、ロウリュによって湿度もコントロールできるのでお好みの温度でじっくりサウナを体験できます。

もちろんサウナ用の12分時計も完備されていて時間管理もバッチリです。

部屋にはNETFLIXやAmazon prime videoなどサブスクチャンネルが見放題なモニターが設置されており、音声もサウナのスピーカーと連動しているため、なんとサウナに入りながらでもお気に入りの動画を視聴できるんです。

また、Bluetoothで連携できるスピーカーが部屋とサウナに完備されているため、自分のスマホからお気に入りの曲やリラックスできるBGMをかけながら至福のサウナ時間を過ごせるようになっていました!

©RED° E-SAUNA UENO

サウナでじっくりと体の芯まで温めたら、いざ水風呂へ!!

水風呂は五右衛門風呂のような形になっており、サウナルームとは対照的に黒を基調としたシックな部屋になっています。

©RED° E-SAUNA UENO

そして水風呂の水はサウナで暑く熱った体にちょうどいいように18°程度に温度管理されているんです!

なかなかプライベートサウナで水風呂まで完備されているところも少ないのに、水の温度まで徹底されているとはあっぱれです。

©RED° E-SAUNA UENO

そしてもう一つ嬉しいのが水風呂に行くまでの動線の短さ!

サウナから出て一歩で水風呂までたどり着く“神動線”になっていて、まさにサウナーによる、最高のサウナのために作られた部屋ですね。

©RED° E-SAUNA UENO

プライベートルームでのサウナ体験は時間制限がありますが、髪を乾かしたり、メイクしたりと「もうちょっと落ち着いて準備したい!」という方向けに7Fには共有のパウダールームがあるのでぜひ使ってみてくださいね!

©RED° E-SAUNA UENO

RED° E-SAUNA UENOイチオシのリラックス空間「Warp Square」

そしてその7FにはこれまたRED° E-SAUNA UENOイチオシのリラックス空間「Warp Square」があるんです!

この「Warp Square」はプロジェクターによって壁3面につなぎ目なく投影された映像によって仮想空間にいるかのような感覚になれる映像体験コンテンツです。

都会のサウナでありながら森や川など自然空間に入り込むことで、リラックスできるバーチャル外気浴を体験できます。

また、琉球畳が敷き詰められたこの部屋にはYogiboの大きなクッションが置かれていて、スタッフの方によると何もせずだらっとここで過ごす人も多くいるらしいです。

あなたの“ととのう”体験は何点!?
「TOTONOU GAME」結果発表!

最後に受付に戻り、着けていたTOTONOU BANDを返却すると…

なんと今回のサウナ体験を数値化した結果が表示されました!

今後はアカウント機能やランキング機能もアップデート予定らしく、前回までの自分のスコアや、自分のスコアが何位なのかのランキングがみられるようです!

自分のサウナ体験を分析するもよし、一緒に行くサウナー同士で競ってみるもよし、新たなサウナの楽しみにもなりますね!

<TOTONOU GAME診断結果(左:楯さん / 右:真崎さん)>

ちなみに、サウナー歴30年のベテランサウナーはなんと88点という高得点を叩き出していて、スタッフの方も驚いていました。

彼曰く、「サウナにととのえてもらうのではなく、自分からサウナに寄り添うからこそ、良い”ととのう”体験ができる」のだそうです。笑

みなさんもぜひサウナに自分から寄り添って高得点を狙ってみてください!

【編集後記】プライベートサウナならではのホスピタリティとRED° らしいガジェット

専用の帽子やウェアなども発売されるほどの人気となったサウナブームの影響もあって、休日はどうしても混み合ってしまうサウナですが、「もっと気を遣わずリラックスできるサウナが欲しい!」という声も多く聞こえるサウナ市場。

そんな背景から最近ではプライベートサウナが相次いでオープンしていますが、実は水風呂がなくシャワーだけだったり、ロウリュがついていないドライサウナだったりと「あともうちょっと…」なプライベートサウナが多い中で、RED゜E-SAUNA UENO は丁寧にサウナーのニーズに応えた「ホスピタリティの高いサウナ」でした!

レポート内で紹介した水温管理やロウリュだけでなく、サウナから一歩で水風呂に移動できる“神道線”や、照明を好みの明るさにできる調光システムなどカスタマイズ性がサウナーの心をくすぐり、まさに自分だけのサウナ空間を堪能できるのが一番の魅力ではないでしょうか?

また、心拍計を使った「TOTONOU GAME」も、既にあるスポーツやコンテンツに最新のテクノロジーを組み合わせて競技性を持たせるような、まさにRED° が提唱する「新しいアソビ」でした。

現在はまだランキングやマイアカウントのような情報を蓄積する機能はありませんが、今後は拡張されるようです。

また、自分の心拍数を部屋のモニターや自分のスマホからリアルタイムに確認できたり、自分が普段使っているガジェットと連携できたりするようになるともっと楽しみが増えるのでは!?という意見も。こちらは今後のアップデートに期待ですね!

自分自身と向き合う、そのためにサウナをうまく活用していく施策などは今後もっと発展していきそうな予感…!

例えば、日常のヘルスケアサービスと連携させ、サウナの効果を自分ごと化させるとか

来場を重ねていくごとに、スコアを高めていけるパーソナルな仕組みがあるとリピートしてしまうかも。

“ととのう”という感覚的だった体験を、デジタルを組み合わせて数値化することで自分自身の体験を振り返れたり、一緒に行った友人とシェアできたりと、さらに楽しみ方が広がるようなコンテンツでした!

<RED゜E-SAUNA UENO 施設概要>
施設名:RED゜E-SAUNA UENO(レッド イーサウナ ウエノ)
住所:東京都文京区湯島3-44-7 3階
営業時間:10時~24時
定休日:不定休
公式サイト:https://e-sauna.red-brand.jp/

料金表