CLIENT 株式会社ポーラ
PROJECT Care for Dear ― 大切な人へ、想いを届けよう ―
VENUE ポーラ ギンザ

ポーラ創業者の鈴木忍が手が荒れた妻のために、たった一つの乳鉢でクリームをつくりあげたように、
創業時から受け継がれている“大切な人を想う気持ち”をコンセプトにした体感イベント「Care for Dear -大切な人へ、想いを届けよう-」を旗艦店ポーラ ギンザ内で実施。
企画コンセプトの「Care for Dear」は、POLA様の未来に向けた大きなブランドメッセージ(2029年ビジョン)である「We care more」を咀嚼し
POLA創業時から受け継がれている“大切な人を想う気持ち”を体験者自身の未来を通して感じ取っていただけるようコンセプト設定した。

これまで当たり前だったコミュニケーションの機会が減り、生活様式も大きく変わった今だからこそ、
一人ひとりが大切な人を想うことで、あたたかな温もりや人とのつながりを感じられるような体験をローラーコースターを用いて表現した。
このローラーコースターは、POLA様が大切にしているケアの精神にインスパイアされた体験者自身が、自分の大切な人を思い浮かべながら体験することで心遣いの素晴らしさに改めて気付くことができ、
そして体験者自身の手を使ってその気持ちを大切な人へ届けることのできる仕組みを提供することで、よりPOLAというブランドや、他者への心遣いを通した社会との繋がりを深く意識できる体験設計になっている

コンセプトの企画立案から空間・グラフィックに至るクリエイティブ、装飾物の製作まで含めてフルワンストップにてプロジェクトを推進し
アイデアを具現化するまでのプロセスや認識を統一しながら進行し高品質なアウトプットに至った。

WEB https://www.pola.co.jp/store/polaginza/carefordear/index.html