News | ニュース
  • 2019.11.01

    「Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島」に特別協賛します。

    ~横須賀の離島・猿島に光とプリズムを駆使した作品を展開~

    博展は横須賀の離島・猿島にて、2019年11月3日(日)~12月1日(日)の木金土日祝日の夜間に開催される「Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島」に特別協賛し、『prism』と題した光とプリズムのインスタレーションを公開いたします。
     同イベントは、猿島全体を夜間開放して行われる初のアートイベント。
    猿島は、砲台跡や弾薬庫跡といった人工的な痕跡と自然が融和した東京湾に浮かぶ無人島で、会期中は、猿島ならではの独特な景観と、歴史、島の近くで暮らす人々の営みなどから着想を得たアートプロジェクトが各所で展開されます。

    出展概要
    作品名:『prism』

    猿島の外形と旧砲台跡地を元に浜辺にプリズムを敷き詰めた。
    ​プリズムは灯台のような光に照らされることで美しい光を放つ。
    光は見ている人の心を撫でる様に、儚くついては消え、人々の心を照らす。猿島に刻まれた記憶を
    美しい光によって浮かび上がらせる作品。

    【概要】
    ■日時:2019年11月3日(日)~12日1日(日)※木金土日祝日の開催
    ■開催時間=17:30-21:30(予定) ※日没以降
    ■場所:猿島公園(神奈川県横須賀市猿島1番)
    ■当社プロジェクトメンバー
     クリエイティブディレクター:南 正一郎
     スペースデザイナー:高橋 匠、横江 優太
     製作管理:熊崎 耕平、大野 陽介、高島 譲二

    Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島 開催概要
    一般会期:2019年11月3日(日)~12月1日(日)の間の木金土日祝日
         17:00-21:00 (予定) *日没以降
    会  場:猿島公園 (神奈川県横須賀市猿島1番)
    チケット:有料 詳細はこちらをご確認ください。
    主  催:横須賀都市魅力創造発進実行委員会
    特別協賛:株式会社 博展

    ▼Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島 見どころ・楽しみ方
    1、猿島全体を夜間開放するのは初めての試み。
    2、夜の猿島で開催する初めての総合的アートイベント。
    3、夜の無人島を舞台に大人を中心に楽しめるアートイベント。
    4、歴史的遺産価値のある離島での開催。
    5、アクセスが良い離島での開催。横須賀の街ごと楽しめる

    ▼参加アーティスト
    ワイルドドッグス、佐野文彦、後藤映則、鈴木康広、齋藤精一(ライゾマティクス・アーキテクチャー) 他 順次発表予定

     当社はこれからも、中期ビジョン「ココロ揺さぶる瞬間(とき)を創り、世の中を次へ動かす。」のもとにこのような取り組みを通じて、人と人とが直接出会う“場”・“空間”において、さまざまな体験価値を創造し、人と社会の新しいコミュニケーションを描いてまいります。

    ▼HAKUTEN CREATIVEサイト
    過去の実績をこちらのサイトでご覧いただけます。

    ▼ 本件に関するお問い合わせ先
    株式会社博展 経営企画部 村松(むらまつ)
    Tel:03-6278-0070 E‐Mail:ir@hakuten.co.jp