News | ニュース
  • 2019.06.26

    【設立50周年記念】東京ミッドタウンにて、体験共創型インスタレーション「光と陰が舞う涼空間 - 舞すだれ」の公開を決定

    同時期開催の東京ミッドタウン「水と生きる SUNTORY 光と霧のデジタルアート庭園」の制作も担当

     博展は、設立50周年を節目に、Hakuten Private Event「Think Experience ~ブランド価値を最大化する、体験のチカラとミライ~」を2019年7月25日(木)~28日(日)に東京ミッドタウンにて開催をいたします。
     博展プライベートイベント特設サイトはこちら

    https://www.hakuten.co.jp/think-experience2019/index.html

    体験からストーリーが動き出す
    情報が溢れかえる現代において、「体験」が信頼できる貴重な情報として見直されています。
    また、SNSの普及により、その「体験」は瞬時に共有され、共感の波を起こしています。
    エクスペリエンス・マーケティングの実践を啓発する博展は、この「体験」の価値について、より多くの方々と共に考える“場”「Think Experience」を企画しました。
    次なるイノベーションを、この場所から。皆様のご来場をお待ちしております。

    Experience Design INSTALLATION 「光と陰が舞う涼空間 "舞すだれ"」

     体験共創型インスタレーションのプロトタイプ「光と陰が舞う涼空間 - 舞すだれ」を公開します。このインスタレーションは、空間上部に設置された屋根のようなすだれを体験者が自由に揺らすことができます。その「揺らめき」によって、光と陰が空間全体を舞い、身体的な涼しさだけでなく、ココロで涼を感じる新しい体験をつくり出します。

    インスタレーションの実施イメージ

    【期間】    2019年7月25日(木)~28日(日)
    【時間】    11:00~21:00 ※予定
    【場所】    東京ミッドタウン アトリウム
    【入場】    体験無料
    【主催】    博展

    【同時期開催】水と生きる SUNTORY 光と霧のデジタルアート庭園

     昨年に引き続き、東京ミッドタウンの芝生公園では、当社とビジュアルデザインスタジオ「WOW」が制作を手掛ける「水と生きる SUNTORY 光と霧のデジタルアート庭園」が開催されます。

    MIDTOWN LOVES SUMMER 2019
    水と生きる SUNTORY 光と霧のデジタルアート庭園

    【期間】 2019年7月12日(金)~2019年8月25日(日) ※荒天中止
    【時間】 霧演出15:00~23:00 光演出18:00~23:00 ※砂紋・デジタル花火の演出は15分毎に1回
    【場所】 東京ミッドタウン 芝生広場     【料金】 無料
    【主催】 東京ミッドタウン         【企画】 東京ミッドタウン         
    【協賛】 サントリーホールディングス株式会社      
    【制作】 博展・WOW
    【概要】  この夏、芝生広場に巨大な縁側(えんがわ)に囲まれた庭園が登場します。大小さまざま表情豊かな石が置かれた庭園は、枯山水(かれさんすい)がモチーフ。夜には霞(ミスト)に包まれた幻想的なムードに一変し、デジタルアートによる砂紋(さもん)や花火をイメージした色とりどりの光の演出を堪能できます。昨年のメイキング映像はこちら


    ▼ワウ株式会社(https://www.w0w.co.jp/)について
    東京、仙台、ロンドン、サンフランシスコに拠点を置くビジュアルデザインスタジオ。CMやコンセプト映像など、広告における多様な映像表現から、さまざまな空間におけるインスタレーション映像演出、メーカーと共同で開発するユーザーインターフェイスデザインまで、既存のメディアやカテゴリーにとらわれない、幅広いデザインワークをおこなっている。さらに、最近では積極的にオリジナルのアート作品やプロダクトを制作し、国内外でインスタレーションを多数実施。


    ▼ 本件に関するお問い合わせ先
    株式会社博展 経営企画部 村松(むらまつ)
    Tel:03-6278-0010 E‐Mail:ir@hakuten.co.jp