INTRODUCTION

2020年はオフラインでの展示会が制限され、各企業がバーチャル展示会やオンライン商談会など、新たな顧客体験のカタチを模索した一年でした。

「オンラインという条件の中で、いかに顧客の満足度を高めることができるか」

多くの企業が新たなリードの獲得手段としてオンラインシフトに苦戦している中、Sky Technology Fair 2020 Virtualは約42,000人以上の来場者と約1万を超えるリード獲得を記録し、大成功を収めました。

今回はSky様とディスカッションを重ねながら、実施まで企画してきた弊社プロデューサーの高谷が施策のポイントを語ります。

OUTLINE

42,000人を超える来場者を記録し、オンラインでも新規リード獲得

高谷:
コロナの影響で展示会ができない中、通常の展示会の代替として、“Sky Technology Fair 2020 Virtual”という、2ヶ月間にわたるオンライン展示会を開催しました。

弊社グループ会社のサービスであるクラウド型オンラインイベントプラットフォーム”EXPOLINE”を活用し、オンラインイベントに必要な機能をフルパッケージにてご提供。

イベント全体設計をサポートしました。

2ヶ月という長期間の会期中に来場者の方々から届いた改善要望の多くに対応し、臨機応変にイベントを運営。会期中にいただいたご意見をもとに、230点以上もWEBサイトを修正 / 改良し、来場者の方々からの支持と評価を得ることに成功しました。

単独主催のBtoBオンラインイベントとしては異例となる、計42,000人超えの来場者を記録することができましたね。

<実際のサイト>

PLANNING

ウェブサイトではなく、顧客とコミュニケーションする場所を作る

高谷:
内容としては、通常のオフライン展示会と同様、自社製品やサービスを紹介し、商談へと繋げるものでした。サイトのデザインはSky様が担当し、その中身やコンテンツをすべて博展が構築しています。

BtoB業界において、展示会出展後に「商談に繋げる」ということは非常に重要です。

展示会がオンライン上で展開されても、来場者とのコミュニケーションを密に取れるようにサイトを設計しました。

はじめはチャットやWEB会議で商談予約がとれるような仕組みを用意したのですが、相談件数はなかなか増えていきませんでした。
そこで、チャットにて質問していただいたお客様の中から、抽選で1名に景品を差し上げるというイベントを開始。

各ポイントへの参加率も上がり、チャットいただいたお客様はのちに開催されたウェビナーにもご参加いただくことができました。さらに、登録者数も2ヶ月で約9,800人となり、想定していた来場者数を大きく上回ることができました。

<抽選会の様子>

高谷:
お客様からのご意見などで変更が出るたびに、臨機応変に対応できたことをご評価いただきました。最初は、私たち全員が”オンラインイベントは決まった形しかない”と思っていました。

あくまで”WEBサイト”を作ろうとしていましたが、クライアントとディスカッションを重ねていく中で、“オンラインでも顧客とコミュニケーションする場所”を作るというマインドが生まれ、その方向性を忘れないようにしました。

Sky様とは長い間ご一緒させていただいているため、会社と会社の関係性はもちろん、担当者レベルでも人と人の絆があります。

“この人なら大丈夫”という信頼関係で繋がっていることで、共にビジネスが継続していると改めて実感しました。

KEY FACTOR

イベントはあくまで手法。カタチにこだわらず、クライアントのマーケティング活動に最大限貢献する

正直なところ、弊社はWEBサイトやオンラインイベント専門の会社ではないので、お客様と一緒に勉強しながら進行していきました。

しかし、私たちの仕事はオンラインでもオフラインでも”イベントをサポートする”ことだけではなく、形にこだわることなく”クライアントのマーケティング活動に最大限貢献する”こと。

ただウェブサイトをオープンするだけではなく、展示会に求められる機能をオンライン上でも実装し、成果を出せたのは、展示会を深く理解している博展だからこその強みだと思います。

また、長年ご一緒させていただいているSky様との信頼関係が、今回の案件を成功へと導いたように思います。

NEXT TRY

コロナ前の世界にはもう戻らない。だからこそ事業の幅を拡げ、顧客のマーケティングに貢献し続けたい。

高谷:
コロナ前の世界には、もう戻らない。
このことには、もうみんな気付いてしまったはずです。

イベント業界で言うと、2020年は、オフラインでのイベントや展示会には非常にコストがかかるということに気付くいい機会でした。

しかし、同時に偶然の出会いや対面のコミュニケーションの重要性にも気付かされました。

今後はオンラインだけで完結するものではなく、オンラインとオフラインのハイブリッドが加速していくと考えられます。

弊社のようなリアルイベントやオフラインの展示会を多く手がけてきた会社にとっては、まだまだオンラインイベントが不慣れな部分もあると思います。

しかし、“顧客とコミュニケーションする場所を作る”という目的から目を逸らさず、クライアントと共に課題を解決していきたいと考えています。

OVERVIEW

CLIENTSky

CREDIT

プロデューサー 高谷佳苗