展示会・イベント施策は
博展

博展は、展示会のプロ集団です。
業界トップの実績とノウハウで、
効果的なリード獲得を支援します。

お問い合わせ特典

お問い合わせいただいた企業様には特典を進呈いたします。

特典1

弊社をご指名し展示会出展する場合に、
ブース内人流解析ソリューション
セットで提供いたします。

特典2

お問い合わせされた方に、
展示会を成功させる5つのステップ
進呈いたします。

ブース内人流解析ソリューション

ブース内での来場者の滞在時間、エリア間の移動を計測し、
ブースの体験時間/人数をご報告します。

ブース内のエリア毎にビーコンを設置しデータを収集

ブース内をいくつかのエリアに分け、ビーコンを設置することで、
Wi-FiまたはBluetoothをONにしている来場者の位置情報を取得。

滞在時間の分散分析による課題抽出

滞在時間と人数の分散および平均を分析することで、
ネックとなっている課題の仮説を立てられる。

実績紹介

 
Case 1
年間出展サポートで
効率の良い準備を実現

年間10回以上のご出展サポートを年間で行う。

出展回数が多いため、
コストパフォーマンスを上げるために行ったことは次の2項目

  1. 保管物の流用・管理
  2. 進行管理を全て一貫して実施

上記を行うことでスムーズな対応が実現した。

また年間サポートにより、ブースイメージの統一化や運営設計を行い、準備工数の削減を可能にした。

株式会社 Smart HR 様

https://smarthr.jp/

設立年度:2013年

出展展示会名:HR EXPOほか多数

 
Case 2
出展目的を明確化、
目標達成の評価基準を設定

「どういう状態になればその出展は成功と言えるのか」を具体化。

オンラインでは繋がることができない潜在顧客との出会いの場として展示会を活用。

ご商談数、ご契約数を出展目標として設定した上で、達成に向けてのフローを段階的に設計。ブースでのデモ体験者数など細かい部分まで目標を設定することで、リード1件当たりの獲得コストを算出、投資予算決定の目安としている。

また、ブースデザインにおいては、予算の中でSPEEDAの先進性、知性、プレミア感といったブランドイメージを表現。年間でのトンマナを統制し、直感的にソリューションイメージを伝えることで、ブース来場者数のアップ、商談数アップに寄与する大きな要因となっている。

株式会社 ユーザベース 様

https://www.uzabase.com/

設立年度:2008年

出展展示会名:AI/業務自動化展 春、CEATECほか

 
Case 3
忙しい来場者を
どうやって立ち止まらせるか

カオナビ様の戦略に沿う展示会出展サポートを行った。

展示会来場者の主な目的は「情報収集」。
来場者は限られた時間の中で多くのブースを回遊するため「忙しい」。
そのため、だれもが理解できるよう直感的に伝えることが重要。

企業カラーを主とした空間デザイン、パネルの位置なども熟慮し、以下を準備。

  1. 事前にだれが何をするかなどスタッフの運営計画
  2. 製品の世界観を演出するステージプラン

すでに獲得されている「カオナビ様」のブランドイメージを最大限に利用し、ステージでは実演販売士がCMのモチーフを踏襲し和装、兜をかぶりプレゼンテーションを実施。来場者の印象に残る内容となった。

株式会社 カオナビ 様

https://www.kaonavi.jp/

設立年度:2008年

出展展示会名:HR EXPO、ヒューマンキャピタルほか

 
Case 4
企業メッセージを体現した
デザインで直感的/視覚的にメッセージを訴求

プレゼンテーション、コミュニケーション、技術展示のゾーニングでそれぞれ効果的な見せ方を行う。
その為、コンセプト立案・キーメッセージの設定からしっかりとしたものを弊社からご提示。

ポイントとして、LEDディスプレイによるプレゼン&映像演出でどこに何があるかが直感的にわかる空間構成を実現。
誘客に優位な映像コンテンツを弊社関連会社スプラシアが制作し展示内容の理解促進をサポートした。

株式会社 三井住友銀行 様

(出展社:株式会社三井住友フィナンシャル・グループ 様)

https://www.smfg.co.jp/

設立年度:1996年

出展展示会名:CEATEC

 
Case 5
リアルイベントでファンを増やす
オンラインからオフラインそして

RPAのグローバルリーディングカンパニー、
「UI Path」様主催の展示会イベントを実施。

2,200名を超えるお客様にご来場いただき、70社の協賛/スポンサーを誘致しRPA×AI連携ソリューションや最新テクノロジーを各ブースにてご紹介。

セッションでは、RPA×AIの最先端企業による講演をメイン会場とサテライト会場で実施し、満席が出るなど非常に盛り上がりを見せた。

博展では、会場/装飾提案、運営振興の企画/実施、専用事務局を社内に設置し来場者/スポンサーとのやり取りを対応。

UI Path 株式会社 様

https://www.uipath.com/ja/

設立年度:2017年

出展展示会名:UiPath AI EXPO