SCROLL
田口 徳久 代表取締役社長

社長の仕事は
社員の成長機会を生み出すこと

PROFILE
1983年博展入社。東京の葛飾生まれ。早稲田大学卒業後、リクルートを経て父が創業した博展を継ぐ。エクスペリエンスマーケティングのトップカンパニーを目指し、採用・教育等の人への投資に積極的に取り組んでいる。暇さえあれば休みの日でも会社に来てしまうほどの会社好き。社員からは「田口さん」と呼ばれる。

あなたがつくっているものは?

優秀な人材。

優秀な人材を採用し、教育をしっかり行えば、黙っていても会社は成長していくということをリクルートでの経験から学びました。そのため、採用においては人柄と向上心、やる気、夢、野心があるかを見ています。どうせなら楽しく働きたいですし、社会に何らかの印を残したい。そうした考えの企業ですので、目標に向けて一緒に汗を流してくれる社員が博展には集まっています。まだまだベンチャーですから、安定を考えたら他の企業に行くでしょう。それでも博展へ入社してくれた社員とは常に大きな目標を掲げ、将来の夢を追い続けていたい。そういう想いで経営をしています。

私の仕事は、社員のやりたいことを実現させること。変化を生むのは常に社員です。そうでないと、働く社員も面白くないでしょう。例え失敗しても、必ず学びがある。頑張ろうと思える。その経験が人を成長させます。しかし、やりたいことに挑戦しなければ、ずっと後悔の念が残ります。それは失敗をするよりもはるかに損失です。

仕事をする上で大事にしていることは?

言葉にすること。最善を尽くすこと。

目標やビジョンなど、思ったことは正直に口に出します。すると、周りからの期待が集まるので、何が何でも実現させないといけなくなります。それに、私が何かをやると宣言したならば「僕も頑張ろう」「私にもできるかも」と周りに影響を与えることが出来る。なので、目標は高いほうが良い。言葉にすることが大事です。150%を目指せば、100%に楽に到達できる。言葉が行動を変え、事実を作り出すのです。

今、夢中になっていることは?

会社を成長させること。

博展が業界トップになるには、現在の10倍の売上が必要。毎年20%成長を実現すれば、13年後には達成できます。私たちがここまで成長して来られたのは、クライアントと直接仕事をしてきたからです。過去には広告代理店の下請けをしていた時期もありました。しかし会社が成長するなかで、仕事をいただいていた代理店と意見がぶつかることもありました。代理店に遠慮をして、博展が仕事を降りるかどうかという選択を迫られた時、悔しいと涙を流した社員もいました。その時気づきました。このままでは本当にやりたい仕事が出来なくなり、いずれ会社が腐ってしまうと。

そうした想いからクライアントと直接仕事をすることを信念にやってきました。近い距離感で仕事をした方が良いものをつくれるとクライアントからもご理解を頂いています。昨年の東京モーターショーではマツダ様の仕事を担当させていただきました。国産車体メーカーの仕事を直接いただけたのは業界では異例のことです。ここまで来たんだと、感慨深いものがありました。

あなたの10年後の姿は?

博展を業界のトップカンパニーへと成長させる。

エクスペリエンスマーケティングを広告業界の一つのジャンルとして認知してもらい、そのトップ企業になりたいですね。そのために必要なのはもっと売上を上げること。売上はお客様が博展をどれだけ評価してくれたかの証であり、企業の成長は社員の成長の証です。

数十年後、次に日本で夏季オリンピックが開催された時は、博展が開会式、閉会式のプロデュースを行っている。そんな企業にしたいですね。