News | ニュース
  • 2019.02.04

    体験型マーケティングを展開する博展は、 東京ミッドタウン主催「未来の学校祭」に初出展します

    ~リアルとデジタルの境界線を体感するアート作品を出品~

    ​ 当社は、東京ミッドタウン(所在地:港区赤坂、 事業者代表 三井不動産株式会社)が初開催する“アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場”をコンセプトに未来社会をイベント参加者とともに考えていく新たなイベント「未来の学校祭(みらいのがっこうさい)」に、2019年2月21日(木)から24日(日)まで、パートナーとして出展をします。
     当社は新中期ビジョン「ココロ揺さぶる瞬間(とき)を創り、世の中を次へ動かす。」のもとに、このような取り組みを通じて、人と人とが直接出会う“場”・“空間”において、さまざまな体験価値を創造し、人と社会の新しいコミュニケーションを描いてまいります。

    「未来の学校祭」概要

    ▼公式サイト
    http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/school_future/
     「未来の学校祭」では、2018 年にリンツで開催された「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」参加作品を中心に、エキシビション、パフォーマンス、ワークショップ、トークの 4 つのプログラムを用意しています。
    【期間】 2月21日(木)~2月24日(日)
    【時間】 11:00~21:00
    【場所】 東京ミッドタウン各所
    【主催】 東京ミッドタウン
    【特別協力】 アルスエレクトロニカ
    【助成】 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
    【パートナー】 ANA ホールディングス / 株式会社デンソー / 株式会社博展 / 株式会社アイ・エム・ジェイ / 株式会社東芝 / 東京エレクトロニツクシステムズ株式会社 / オーストリア大使館 / JDN / 『WIRED』日本版 / 六本木未来会議 / Media Ambition Tokyo[MAT] / デジタル・ショック / アンスティチュ・フランセ / NewsTV/慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)

    【テーマ】 “ギリギリ”

    当社の出展概要

    ■出展作品名:リアルとデジタルの境界「センサーエラー」
    ■場所:ガレリア2F「Theatre H.P.FRANCE」前
    今回、東京ミッドタウンに「体験の伝言ゲーム」の装置を作りました。デジタル上に映し出される「誰か」が映った画面を見て「あなた」はその人と同じ行動を同時にしてもらいます。
    そしてそれを繰り返すうちにデジタル上の「誰か」とリアルの「あなた」の「ずれ」が生まれてくるでしょう。
    リアルとデジタルのギリギリを是非体験してみてください。

    【HAKUTEN CREATIVEサイト】

    東京ミッドタウンが展開する「未来の学校」とは
    「未来の学校」は、東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカが協働し、イベント参加者とともに、未来の社会を考えるプロジェクトです。コンセプトは、「デザインやアートを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」。東京ミッドタウンを舞台に、より豊かで持続可能な未来の社会を形作るためのさまざまなアイデアやイノベーションを生み出し、それに人々が触発されていくことを目指しています。

    アルスエレクトロニカとは
    アルスエレクトロニカは、オーストリアのリンツ市を拠点に40年に渡り「先端テクノロジーがもたらす新しい 創造性と社会の未来像」を提案し続けている世界的なクリエイティブ機関です。毎年開催されるメディアアートに関する世界的なイベント「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」は、芸術・先端技術・文化の祭典として知られ、2018年は過去最高の10万5,000人が来場しました。
    同イベントの実施の他、メディアセンターや美術館、博物館としての機能を持つ「アルス・エレクトロニカセンター」や、芸術や技術の制作や研究を行なう施設「アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ」を通して、アート、テクノロジー、そして社会を繋ぐ様々な出会いの場を創造し、それらを横断することで生まれる「未来」を具体的な形にして社会に提案しています。



    ▼ 本件に関するお問い合わせ先
    株式会社博展 経営企画部 担当:村松(むらまつ)
    Tel:03-6278-0010 Fax:03-6278-0092 Mail:ir@hakuten.co.jp